大きな一軒家を建てて住むのがこどものころからの夢だった、という人もいれば、住居にはこだわりがなく小さなマンションでもかまわない、という人もいます。

転勤族には賃貸物件で十分
PAGE

夫婦二人暮らしには賃貸がおすすめ

大きな一軒家を建てて住むのがこどものころからの夢だった、という人もいれば、住居にはこだわりがなく小さなマンションでもかまわない、という人もいます。家族構成によってどうしても自分の家を建てて住むほうがこどもたちにもふるさとや実家の思い出を作ってやることができてよい場合もあるでしょう。しかし、こどもがいない夫婦二人暮らしの場合はどうかというと、賃貸でも十分楽しく住めますし、お得に住むことができます。

家というのはだいたい3LDK以上の間取りがあります。こどもが二人以上いる家庭ではそのくらいの間取りは必要となってきます。しかし、夫婦の二人暮らしではせいぜい2LDKあれば十分です。お客様を家に泊めたりする場合は3LDKあるとよいかもしれません。しかし基本的に大きな住宅は必要ありません。もちろん荷物が山のようにある人は荷物置き場となる部屋が必要になる場合もあります。

夫婦二人のために3LDKや4LDKの住宅を購入するよりも、2LDKの賃貸マンションに住むほうがよっぽど過ごしやすいですし、家賃負担も少なくなり、いろいろな面で暮らしやすくなります。どうしても住宅を購入したくてそのお金を十分工面できるのならばそれもよいでしょうが、そうでなければ賃貸物件に住むほうがお得です。

ピックアップ情報

Copyright (C)2017転勤族には賃貸物件で十分.All rights reserved.